資料一覧

株式会社ワイ・ビー・シーが開発・販売するGIS(地図情報システム)関連の詳細資料や業種・職種別の利用例などをまとめたドキュメント(資料)がダウンロードできます。


突然の訪問要請にもいち早く駆けつける

【MAP-STAR at(アット) 詳しい資料はこちらから】

突然の訪問要請にお困りの管理者様へ。

外勤スタッフの現在位置を把握できれば、お客様からの緊急依頼にも、

一番近くにいるスタッフを急行させることができます。

早く駆けつけられれば、それだけお客様も安心されることでしょう。

さらに、スタッフの一日の移動の軌跡をたどることもできます。



新規開拓営業 準備を減らして、訪問件数を増やす

新規開拓営業では、

成約数を増やすには「訪問件数を増やすべし」と言われます。

 

しかし、訪問時の頼りは紙の地図とリスト。

おまけに、その準備に時間を取られてしまい...

これでは、訪問活動の効率は上向くことはありません。

 

それらを解消し、訪問件数を増やすには?



信頼できる診療圏分析レポートの作り方

病院やクリニックの開業に必要不可欠なのは、診療圏分析です。

分析を行うには手作業やシステムの利用など様々な方法がありますが、重要なのは、「信頼できる分析を行う事」です。

信頼できる診療圏分析とは、算出根拠を説明でき、調査結果に説得力がある事です。 

この資料では診療圏の分析方法についてご紹介いたします。

既に診療圏分析を行っている方やこれから始めようとしている方の参考になれば幸いです。



推計昼間人口のご紹介

国勢調査の人口は、勤務・通学する人や日中は不在になる人を考慮されません。
そのため、診療圏調査を行うと、都市部など日中と夜間の人口の差が大きい地域では、分析結果と実際の数との差が大きくなる場合があります。
そこで、より適切な分析を行うために昼間人口を使う方法があります。

そこで、昼間人口データを使った利用例をご紹介します。



在宅医療向けWebGISソリューション

訪問診療・訪問看護において、弊社のWebGISシリーズを活用し、訪問効率の向上や緊急時の対応などをご紹介します。



ドラックストア・調剤薬局向けGISソリューション

店舗開発や店舗に関連施設を誘致する際にMAP-STAR LTⅡを使っで検討することで、よりスピーディーに候補地の判断が行えます。

また、業種特化型オプション「診療圏調査システム」と「介護圏分析システム」を使った関連施設検討における利用方法もご紹介します。



会計事務所様向けGIS活用例

クリニックの開業支援や増患・増収支援を行っている税理士・公認会計事務所様向けのGIS活用例をご紹介します。